MENU

 とにかく出張が多い仕事であり、頻繁に地方に出かけていく生活を送っています。
自分自身で仕事が嫌いなわけでもなく、もともと旅行好きだったことも幸いして、地方出張もさほど苦労だという気持ちがありませんでした。
それに、長年一緒に生活している妻の元から離れて遊ぶことができてしまうのですから、出張自体を良い機会だと考えているのです。
私が出張先に行って楽しみにしているのは、地元のソープで性処理を楽しむことです。
行く先々でのソープランドで、ソープ嬢との大人の関係を楽しむ、何よりのストレス解消になっていました。
男性だったらこのように風俗で性処理を楽しむような方たちも多くいると思います。
特に出張先だったら妻の目も届きませんから、堂々と風俗で性的サービスを楽しむことができてしまいます。
ですから出張自体は私にとってみるとオアシスのようになっていた部分がありました。
ところが、消費税がアップされた後に物価の高騰なども加わり、あろうことか私の小遣いを減らすと妻が宣言したのです。
これでは出張ごとに楽しんでいたソープランドに、毎回行くことができなくなってしまうじゃないか、途方に暮れてしまいました。
私と同じように出張の多い同僚に、仕事の帰りに居酒屋で思わず嘆き節をしてしまいました。
小遣いが減らされてしまっては、楽しみにしていたソープランドに行く回数が極端に減ってしまうのですから、嘆きも自然と出てしまうものです。
しかしこの時に同僚からとんでもない美味しい話を聞くことができました。
その同僚は出張に出かけるときに、出会い系サイトを利用してその場限りの関係を楽しむことができる、ワリキリの素人女性と遊んでいると言うのです。
初耳でしたこんな事。
何でもそのワリキリ相場というものが、1万5千から2万程度で素人の肉体で性処理ができると言うのです。

ワリキリという関係には興味を持たざるを得ない状況になってきました。
たったそれだけの相場で、素人の肉体を利用したセックスができてしまうのです。
これって凄いことじゃないか?って思えたのです。

 

 小遣いが減らされて、思わず同僚に嘆いた時に素晴らしい方法で楽しんでいる彼がいる事が分りました。
インターネットを利用して相手を探す、その場限りの関係で性処理ができると言うのです。
しかもワリキリという関係は金銭が絡まない事まであると言うのだから、自分にとっても最大限に好都合な関係だと思えたのでした。

 

 

名前:拓海
性別:男性
年齢:38歳

 

プロフィール:
 私の仕事は地方に出張に出向くことが多くありますから、そんな時は息抜きのために風俗でスッキリすることが何よりの楽しみでした。
しかし消費税アップや、その後の物価の高騰などから妻から小遣いを減らされてしまったのです。
こうなると出張の楽しみが味わえなくなってしまう、そんな的同僚から美味しい話を聞くことができたのです。